ウィンザー効果

直接褒めるな!図に乗るだけで効果なし

「◯◯先輩が貴方の事を見込みがあるって褒めていたよ。」「今回の営業成績は貴方のおかげだと、課長が言っていたよ。」など、学校や職場で人づてに自分の高評価を聞いた時、貴方はどんな気分になるだろうか?決して悪い気はしないはずです。自分とあまり親しくなかった相手や、そんなに好きではない相手だった場合、「意外といいヤツなんだな。」と今まで以上に好印象を持ち、自分の嬉しさも倍増するのではないでしょうか。

諸説ありますが、ミステリー小説「伯爵夫人はスパイ」の登場人物、ウィンザー伯爵夫人が言った台詞、「第三者からの褒め言葉はどんなときにも一番効果があるのよ。忘れないでね。」が由来とも言われています。

同性・異性問わず、まずは相手を認めることが重要です。しかしながら世間にはそれが苦手な人もいますので、影で褒めて相手の心理をうまく利用していきましょう。

昔から日本人の教えとして、受けた恩はお返しをしなければならないという「返報性のルール」が社会に根強く存在します。心理学でも応用はしやすいため、たびたび出て来る代表的なテクニックといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • ウィンザー効果
  • 同一義務条件の優位性
  • 自己開示と相互開示