その敬語、警戒しているだけ

使いすぎの敬語は、警戒心丸出し

付き合いが長く気心が知れた人に対し、必要以上の敬語を使って話す人は、決して礼儀正しい人ではなく、相手と常に一定の距離を保っていないと不安になる警戒心の強すぎるタイプと言えます。

たとえば、職場の同僚に対してでも、「山田さん、お願いします」と頼んでいたのが、次第に「山ちゃん、ごめんお願い!」と気軽に言いあえるようになるのは、お互いに心を開いて信頼しあっている気持ちがそのまま言葉使いにあらわれるからです。

本人の気持ちを無視するような行動をとったりすると、返って関係がこじれてしまいます。本当に必要な人なら、ある程度の距離をおいて付き合っていくのが賢明です。

コメントを残す