お手軽夢占い!信じる信じないは貴方次第

貴方の夢は白黒ですか、カラーですか?

色付きの夢を見たことがないと言う人でも、それは夢の中で色への関心が低かったり、印象に残る色が登場しなかっただけで、誰もが夢は色付きで見るとされています。ただし、色は基本的に1-2色で、細部にまで色付けされているわけではなさそうです。使われる色のベスト3があり、1位が緑、2位が赤、3位が黄色という調査結果も出ています。
    第1位:緑色がメインカラー
    安定した心理状態を示す一方で、知識や経験の不足も暗示しています。
    第2位:黄色がメインカラー
    非常に楽しい生活環境にあり、心から笑える時間を過ごせているといった自分の中に活力が満ちていることを示しています。
    第3位:赤色がメインカラー
    何か祝い事があった時に見る一方、なにか情熱を傾けている状態や恋愛感情を示しています。

貴方は夢の中で何をしていますか?

翔ぶ夢をみた
現状に感じている不満や劣等感から開放されたいというあらわれです。自由になりたいという気持ちを暗示しています。

殺す夢をみた
知人を殺す夢は、相手との関係を好転させたいというあらわれです。自殺は自己再生への願望で、見知らぬ人を殺すのも自殺と同じ意味を暗示しています。

歌う夢をみた
楽しく歌うのは、現状で感じているストレスのあらわれです。うまく歌えないのは、対人関係の悩みで、誰かが歌っているのは、恋愛への欲求の高まりを暗示しています。

落ちる夢をみた
目標に対し焦りを感じているあらわれです。高所から落ちるのはプライドの損傷、誰かが落ちる場合は、その人への愛情の強さを暗示しています。

食事をする夢をみた
食べる夢は欲求不満を暗示しています。

排泄する夢をみた
実際の尿意と無関係の場合は、ストレス発散のあらわれです。誰かが排泄するのは、その人への羨望や嫉妬の高まりを暗示しています。

夢は見ないという人がいますが・・・

睡眠中には脳の中の記憶に関するシステムも休み状態にあるため、途中で起こされるか、目が覚めるかしない限り、その記憶は消えてしまいがちです。しかし、長期に渡って夢をみた記憶が無いと感じる人は、心に赤信号が灯っているかもしれません。

願望や不安があらわれる夢は、それがあまりにも過激であると、脳が自発的にその夢の記憶を残さないという検閲機能を発揮していきます。そもそもが消えてしまいがちな夢の記憶を、さらに消去しようと働いているということは、その人はとんでもない夢を見続けているということになります。

誰もが必ず行うのが睡眠です。どんなに気を張っていたとしても寝ているときには無防備になってしまいます。その無防備な状態こそ、深層心理が丸わかりといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • 夢占い
  • 寝相のルール