秘密の共有で親密度アップ

恋の調味料:親密度アップはこの一手

心理学でいう「自己開示」とは、他人に自分のプライバシーを打ち明けることです。本当なら誰にも話したくないこともあるでしょうが、あえてそれを話すことにより、2人の親密度は格段にアップします。なぜなら、心理学ではおなじみの好意の返報性」という、受けたものはお返しをしなければならないという心理が働き、実は私も・・・と、今度は相手から打ち明け話が出てくることでしょう。これを「相互開示」の作用と言います。

この方法は相手が同性であっても利用できます。伝える内容は様々ですが、誕生日・出身地といった基本的な情報から始まり、自分の価値観や弱み悩みなど状況に応じて使い分けて発展させていきましょう。

昔から日本人の教えとして、受けた恩はお返しをしなければならないという「返報性のルール」が社会に根強く存在します。心理学でも応用はしやすいため、たびたび出て来る代表的なテクニックといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • ウィンザー効果
  • 同一義務条件の優位性
  • 自己開示と相互開示
  • コメントを残す