獅子座解読

【獅子座】の人を解説します!

本当に単純といわれる獅子座は、とにかくそのものが美しいから何でもそこそこ様になっており、圧倒的に幸せになれる感じがあります。誰とでも気軽に付き合う性格で、何歳になっても、あだ名で呼び合う年少からの友人も多い人気者です。

幼少期・小学生
子供ならではの好き放題?
たくましく育って欲しいという親の気持ちを、素直単純に行く子供時代で、友達をたくさん引き連れての、食べて遊んで寝ての自由気ままな暮らしぶり。勉強・運動は共に積極的でやる気もあるため基本的には万能型といえるでしょう。アネゴ肌のためか、友達には優しく人気者ですが、常にリーダータイプをまっしぐらです。

中学生・高校生
青春真っ只中
獅子座の中高時代は、高確率で部活に所属しています。学校に行く目的が、勉強よりも極端に部活に偏っており、大会や試合など学校行事がとにかく多く多忙な生活を送っていたことでしょう。試験勉強は一夜漬けで詰め込みがちになりますが、持ち前のガッツと体力で成績はそこそこだったと思います。

大学生・専門学生
何となく不完全燃焼
中高時代の部活の成績が高く評価され、希望の進路へ進めたことでしょう。しかしながら中途半端な達成感からかこれまでのような必死さはなく、サークルでは満足できないと目標意識にブレが生じはじめます。方向転換に走る時期となり、「バイトなのに正社員以上のシフト」をこなしたり、「恋愛において異常に色気づいた女豹化したり」全く異なる分野に興味を示していきます。新しい自分探しを行い、何をしても手持無沙感が残る時期となっていたのではないでしょうか。

社会人
信頼関係は財産
派手好きな獅子座の仕事選びは、ネームバリューを重要視しています。組織の中において輝くのは得意なので、上司や先輩には可愛がられ、後輩の面倒見も良いことから、日々邁進出来ます。締切や具体的な目標のある仕事が大好きで、「達成感=注目を集める」という方程式が頭で計算されています。しかしながら、単純な利益追求だけではなく、こだわりある仕事を好む傾向が強くあり、一度会社のやり方に信念的な疑問を持つと、転機がやってきます。一度家庭に入っても、社会への再出走率が高いと言われているのも獅子座の特徴と言えるでしょう。

獅子座の血液型分析


占いによく利用されるものといえば、血液型と12星座。しかしながら、よく見るとキャラが正反対なんてことも・・・。一体どちらを信じれば良いの?と思っている人も多いのでは。血液型別に貴方の本質を見ていきましょう!

獅子座彼女の結婚相性度


出来れば1度はしたくて、何度もはしたくない結婚ですが、生涯を共にしていくパートナーとはどんな未来が待っているのでしょうか?結婚の相性について、徹底的に分析していきましょう。

獅子座の貴方はこんな人

コメントを残す