具体性の力

信じてほしいから具体例を集めたよ!

暗示コミュニケーションには、「詳細に語れ」という法則があります。できるだけ具体的に、すぐ頭にイメージが浮かぶような話をすればするほど聞き手は暗示にかかり、言うことを聞いてくれやすくなるものです。

ワシントン大学の心理学者、ブラッド・ベルは、詳しく話をすると信憑性が32%も高まることを実験によって確認しています。詳しく、具体例を織り交ぜて話をしていると、「この人の言っていることは本当に違いない」と思わせることも簡単なのだといいます。

例えば、取引先へのプレゼンで「私が担当すれば利益が上げられます」とアピールしたとしても、あまりにも漠然としすぎているため、説得力がなく、大して高い評価は受けません。逆に話を盛って、「以前、私はバイヤーの仕事をしており、その業界と流行には自信があります。その実績を今回のプロジェクトに活かすことが出来るので、利益があげれる商品を20点買い付けが出来ます。」と言い換えてみましょう。自分ができることについて具体的に詳しく語ると、はるかに説得力が生まれてきていることに気づくと思います。