集団の心理!自分だけは手を抜いても大丈夫

人は集団で作業をすると、「自分一人くらいは手を抜いても大丈夫だろう」という心理が生まれ、怠ける傾向があります。こういった集団内における個人の心理を「リンゲルマン効果」と呼んでいます。

たとえば、1対1で綱引きを行った場合にその人が出す力を100とします。すると、2人の時は、一人あたり93%、3人の時は、一人あたり85%と、人数が増えるに従い、「無意識の手抜き」が生じていることを実証しました。ちなみに8人になると、半分以下の49%になると言われています。

昔から日本人の教えとして、受けた恩はお返しをしなければならないという「返報性のルール」が社会に根強く存在します。心理学でも応用はしやすいため、たびたび出て来る代表的なテクニックといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • ウィンザー効果
  • 同一義務条件の優位性
  • 自己開示と相互開示
  • 必見!相手を自分しか見えなくする方法

    基本的にギャンブルは店の儲けを出すためにお客様を負けさせるような仕組みが出来ています。そんなことは分かりきっている事と言われそうですが、それなのに不思議とお金をつぎ込んでしまうのには、「負けても良いから夢を買いたい」というのを除くと、「サンクコスト効果」というものが関連しています。そしてこの効果は恋愛心理に応用が出来ます。

    たとえば、朝からパチンコにいき昼までに10,000円を使ったけれども、全く勝てる気配がありません。しかしながらここまで粘ったので何とか少しでも取り返したいと考えることでしょう。合理的に考えると既に勝てる見込みがないと判断したのであれば潔く諦めて帰るべきですが、投資した10,000円がもったいないという心理が働いてしまい、益々お金を使い取り返そうとしてしまいます。この迷いこそが、「サンクコスト効果」です。

    具体的な例を挙げると、合コンはフリータイムで少し値段の張るお店を選択しましょう。時間割が決まっているお店よりも多くの時間とお金を使わなければならなくなり、それを無駄にしたくないという意識が自然と高まります。無駄にはしたくないという気持ちが、合コンを成功させたいと真剣に相手を取り込むことが出来るコツとなります。もちろん合コン以外でも1対1のデートなどにも活用できます。

    昔から日本人の教えとして、受けた恩はお返しをしなければならないという「返報性のルール」が社会に根強く存在します。心理学でも応用はしやすいため、たびたび出て来る代表的なテクニックといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • ウィンザー効果
  • 同一義務条件の優位性
  • 自己開示と相互開示
  • 部下に好かれる心理テクニック

    こちらから先陣を切って自分のやばかった話を暴露すれば、相手の本音を聞き出せるチャンスが到来します。「自己開示」というのは、相手への信頼を示し、相手の自己開示を促す事になります。

    空港のロビーに座っている一般客に、筆跡鑑定の名目で自己紹介を書いてもらうことにしました。その際、実験者はそれぞれ記入してもらう答案用紙の上に、書き方の見本という名目であらかじめ次のような自己紹介を記入しておきました。

    Cさんに依頼をうけた被験者は、AさんやBさんに依頼を受けた被験者よりも、赤裸々に自分の情報が書いてありました。つまり、よりプライベートに突っ込んだ話を先にされると、自分もそれにつられてしまう傾向があることがこの実験で証明されたといえるでしょう。ビジネスシーンでも、交渉に入る前に雑談等で自分の「打ち明け話」を少し漏らしてみると良いかもしれませんね。

    昔から日本人の教えとして、受けた恩はお返しをしなければならないという「返報性のルール」が社会に根強く存在します。心理学でも応用はしやすいため、たびたび出て来る代表的なテクニックといえるでしょう。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • ウィンザー効果
  • 同一義務条件の優位性
  • 自己開示と相互開示
  • 財布から分かる深層心理 

    高価な財布を使っている
    高価なブランド物の財布を使っている人は、きっと浪費家だろうと思われがちですが、無駄使いとは無縁の経済観念を持っています。財布の中身もきちんと整理整頓されているとなると、仕事も私生活もしっかりとコントロール出来ている人物と判断して問題ありません。お金を大切に扱える人は、パートナーも大切に扱えますので結婚前には相手の財布をみれば想像がついていきます。財布自体を持たずに現金をそのままポケットに突っ込んでいる人もいますが、このタイプは現実逃避をしやすい傾向があります。

    財布の中に何でも入れている
    カードがずらりと並んで、紙幣の間にはレシートやポイントカードで財布がパンパンに膨らみ、小銭も一杯となっている人がいます。このタイプは私生活をコントロールできない性格の持ち主で、もしかしたらいつか使うかもしれないと全てを持ち歩きたい心配症の人です。所有欲が強いという一面を併せ持っているので、パートナーを必要以上に束縛してしまうタイプです。逆に最小限のカードとお金だけで整理整頓のできた財布を持っている人は、自分にとって必要か不要かをきちんと分けて考えることが出来、見栄だけでものを所有することを望まないタイプです。

    釣り銭が出ないように支払う
    いつも釣り銭が出ないように1円単位まできちんと払う人は、細かいことが気になるタイプです。財布の中に今いくら入っているかを正確に把握しており、「確か財布に1円玉が4枚あったはず・・・」と考えて支払いが出来ます。いくら使ったかも把握できており、そういう意味ではかなりの神経質といえます。たまに小銭が多く財布が膨らんでしまうと気になって仕方ないことでしょう。このタイプは仕事でも最後まできちんとやりきった上で報告できるため、上司から詰めが甘いと叱咤されることは皆無に近いのではないでしょうか

    人は見た目と内面が必ず一致しているとは限りません。派手な格好をしている人が意外とおとなしくて地味な性格だったり、コンプレックスを抱えたりすることがあります。財布は毎日肌身離さず持ち歩くものなので、比較的内面が出やすいと言われております。

    座り方から分かる深層心理

    足を固く組んでいる
    向かい合って座っている相手が足を固く組んでいたら、気を許していない、あるいは本心を見せたくないサインです。組んだ足は心理的に「バリケード」の役割となっており、目の前の貴方をこれ以上近寄らせたくないという拒絶や緊張感がそのまま足元にあらわれています。しかしながら、足を組むのが癖となってしまっている人もいますので、表情やしぐさなど全体の様子を見る必要があります。

    足を頻繁に組み換える
    苛立ちや焦りから、足をしきりに組み換えるという落ち着きのないしぐさとなってあらわれています。相手がこのような時には、早めに話しを切り上げたり、話題を変えるなどの工夫が必要です。間違ってもこの時に重大な決断を求めたりしてはいけません。

    片足を曲げている
    片足を曲げてもう一方の足を伸ばしているような格好は、相手の話に興味がないか退屈しているサインです。両足を前に投げ出していたり、背もたれに身体を預けているときも同じような感情を抱いています。この姿勢は相手を拒絶している場合にも取られることが多く、いずれにしてもマイナスの意思表示であることは間違いありません。こういうときには、相手に話をさせるように仕向けると興味のある話題へと移り変わっていきます。

    椅子に浅く腰掛ける
    人は緊張している時や遠慮がちになるときは、椅子に浅く腰掛けて座る傾向があります。浅く腰を掛けていれば何かあった時に直ぐに立ち上がって次の行動に移れるからです。警戒心を抱いていたり落ち着かないときには、貴方も無意識のうちに浅く座っていることでしょう。

    椅子に深く腰掛ける
    相手に対して安心感や信頼感を持っているとき、人は椅子に深く腰掛けます。リラックスした気持ちがそのまま安定した椅子の座り方にあらわれてきます。最初は浅く腰掛けていた相手が、時間とともに深く座るようになったら、だんだん打ち解けてきて、心を開いてくれているとみても良いでしょう。

    椅子に逆向きにまたがる
    場がくだけてくると、足を大きく広げて椅子の背もたれを前にして両手で抱えるように逆向きに座る人がいます。決して座りやすいとはいえないこの姿勢には、「防御」と「支配」の心が隠されています。椅子に座ると普通は前が無防備となりますが、背もたれを盾に見立てて防御の姿勢を取りつつ、その場を制圧したいという欲望も出ています。このタイプは話し合いが白熱してきて意見が割れたりすると、少々強引な手を使ってでも自分の望み通りの結論へと導こうとする傾向があります。こういう人に対しては、おもむろに近づいていき、相手の目の前に立って見下ろすような態度を取ると、おのずと上下関係が明確となり、相手の勢いも自然と弱まることでしょう。

    期待値UPはモチベーションUP

    米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された「ピグマリオン効果」によると、人は期待されたとおりの成果を出す傾向があると言われています。

    ロバート・ローゼンタールは、サンフランシスコの小学校で知能テストを実施しました。このテストは、学力が伸びそうな生徒を選抜するためのものと説明し、担任の先生には結果を報告するということで協力を得ていました。実際はこのテストには何の意味もなかったのですが、担任の先生に報告する際に、「この名簿の生徒は学力が伸びる生徒です」と一部の生徒の名前を記載して報告しておきました。

    元巨人軍監督の原辰徳氏が、成績の低迷していた外国人野手に告げた言葉ですが、「打てないから起用しないのではない。君が打者として素晴らしいことは分かっている。守備に集中する姿勢を練習で見せて欲しい」といった有名な話しがあります。これを言われた選手は、自分の打撃は信頼されていると思う反面、守備も求められている事に気づきモチベーション高く熱のこもった守備練習をするようになったという「ピグマリオン効果」の逸話です。

    !を?に帰るだけで優しい上司に早変わり

    語尾を疑問形に変えるだけで耳にやわらかく丁寧に聞こえます。このちょっとした気遣いがあるだけで、相手は気持ちよく指示を受け入れてくれるのではないでしょうか。部下なので指示には従うのが当然と思っているようであれば部下の気持ちは得ることが出来ません。
    たとえば報告が少ない外注の業者に対し、「進捗をご報告ください!」というよりも、「進捗状況をご報告いただけますか?」と棘のない言い回しに変えることにより、どちらも報告はしますが、「?」にしたほうが、自身の報告が足りていないことを相手に自覚させることが出来るはずです。

    会話に含みを加えると・・・

    闘争心の強い相手には、あえて「答えになっていない答え」を回答することにより、心理的にゆさぶりをかけることが出来ます。回答がないので、自動的に相手の解釈で不安感が煽らていく手法です。

    まだお答えしないほうが良いと思います。始まったばかりで成果が出ているわけではないのですから」という感じに含みを持たせて答えれば良いでしょう。「答えない」という言葉で、本当はあまり知らなくても十分な知識を備えているように偽装でき、「成果が出ているわけではない」という言葉で、はぐらかしつつ、いい加減な判断をしていないことを相手に悟らせる事ができます。

    この「答えになっていない答え」はかなり有効に使えるうえ、相手に一筋縄ではいかない相手だなと思わせることが出来ます。下手な事を話して墓穴を掘るよりは、最初から論じないことで、戦わずして勝つのが得策です。

    好きな色・嫌いな色!色から分かる深層心理

    スイスの心理学者マックス・リュッシャーは、被験者に対し、8色の中から好きな色を選ばせることによって、その人の潜在意識や性格などを判定するカラーテストを考案しました。その結果、好きな色は願望や欲求を、嫌いな色は過去の経験を、そしてどちらでもない色は現在の生活をあらわしていることが分かりました。

    赤色を選択
    情熱の象徴である赤を好む人は、欲求や願望に満ち溢れており、上昇志向が強い野心家に多くみられます。積極的に行動するので仕事の出来る人が多い反面、熱くなりやすく思ったことをズケズケと口に出してしまうため、相手と衝突することも多いのではないでしょうか。逆に赤色を極端に嫌う場合の心境としては、自分の努力が報われていないという挫折感や無力感のあらわれを示しております。

    黄色を選択
    変化を好み、理想を追い求める勤勉家が黄色を好む傾向にあります。本来は暖かさをあらわす色ですが、頑張りすぎが災いし周りの人となじめなくなることがあります。逆に黄色を極端に嫌う場合の心境としては、今の生活に失望していたり、夢や希望を失った過去があるのではないでしょうか。

    青色を選択
    穏やかな海を象徴する青を好む人は、人との信頼関係に気を配り、礼儀を重んじる人に多く見られます。元々が物静かな性格ですが、周りを気にしすぎて消極的になりすぎることがあります。逆に青色を極端に嫌う場合の心境としては、この世で一番自分が不幸だと思いこむほど、追い込まれた状態になっている可能性が高いです。

    緑色を選択
    壮大な山を象徴する緑を好む人は、我慢強く堅実な考え方の持ち主に多くみられます。そして、なぜか緑色好きな男性の話には面白みが欠ける傾向があります。緑色を極端に嫌う場合の心境としては、認められないのは周りの人達に見る目がないからだと自暴自棄の考えになっています。

    紫色を選択
    紫色は、神秘的でエロチックなものをあらわす色と考えられています。この色を好む人の多くは、とにかく想像力豊かで繊細かつ感受性が強い典型的なロマンチストタイプです。2重人格や多重人格者が最も好む色とも言われております。紫色を極端に嫌う場合の心境としては、周囲に反感を持っており、孤独感や疎外感を強く感じている可能性が高いです。

    茶色を選択
    安定や安全性をイメージ出来る茶色ですが、人付き合いがよく協調性の高い人が好む傾向にあります。反面、頑固な一面をもっており、中々自説を曲げようとしないタイプが多いのも特徴の一つです。茶色を極端に嫌う場合の心境としては、周りに認められたい・目立った行動がしたいと考えています。

    黒色を選択
    拒否や断念などのマイナスなイメージをあらわす色ですが、実際は思うようにならない現状を変えようと努力するタイプの人が好む色です。ただし、飽きっぽい面が目立ってしまうので目標達成に今ひとつたどり着けないのが残念であります。黒色を極端に嫌う場合の心境としては、全てに対して否定的になっており、自分の考え以外を完全に排除しようと思っています。

    灰色を選択
    灰色を好む人の多くは、優柔不断で自己中心的な傾向があります。白でも黒でもなく曖昧な色を選択するところから、2重人格の傾向も出ています。灰色を極端に嫌う場合の心境としては、毎日の生活が単調となり、強い刺激を求めているのではないでしょうか。

    心理学では色に関係する事がたびたび紹介されます。色の選択から出てくる心理には、貴方自身すら分かっていない深層心理が隠されているのかもしれません。こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか?
  • 好きな色・嫌いな色
  • 心理テスト:この色から連想される異性は誰?
  • 心理テスト:レンタカーを借りるなら何色?
  • 忙しいときに限って掃除をする人の深層心理

    時間が無いと分かっていれば普通はこうした行動をしないので、現実逃避しているのではないかと考えがちですが、実はそうではありません。

    時間に間に合わなかった時や内容に不備があった時でも、掃除をしていて時間が無かったとか、つい本を読み始めて・・・などと自分の中で言い訳をすることが出来ます。しかも重要なのは、目的を達成出来なかった原因が本人の能力によるものではなく、あくまでも外的要因だったということを強く主張しているのです。

    謙虚な日本人に多く見られるセルフ・ハンディキャッピングですが、時には乗り越えていく必要もあります。自分を追い込むことで実力以上の結果を期待することもできますので、あえて「絶対に成功する」と公言し、行動を起こしてみることも大切なのではないでしょうか。