蟹座解読

【蟹座】の人を解説します!

あまりに生真面目すぎて、自分自身であえて人生を難しくしているのが、良い子ちゃんと言われ続ける蟹座です。すぐに涙目になるので、正直幸せなのか?と疑ってしまいがちですが、すぐに大笑いし、すぐに恋をし、すぐに誰とでも仲良くする可愛さこそが、天性の女子力をもった素敵な蟹座の特徴といえるのではないでしょうか。しっかりしているのか、それとも抜けているのか、芯が強いのか弱いのか、付き合いを深くしないとわからないミステリアスな存在です。

幼少期・小学生
良い子ちゃん登場
まさに良い子ちゃんと言われる最強の子供時代を送っております。明るく元気で友達も多く、大体がクラスの中心人物となっているのではないでしょうか。勉強・運動ともに特段秀でているわけではありませんが、努力と積極性を考慮すると内申点があがり、平均以上の成績をマークしていたことでしょう。周りの大人達からは、挨拶が出来る・自主性がある・面倒見が良いなど、安定した高評価で、高確率で学級委員長などに抜粋されていたのではないでしょうか。

中学生・高校生
繊細で気の散りやすい時期
少しマセているのか、小学校後半から恋愛に目覚め10代の恋を大いに満喫し始めます。しかしそこは子供の部分もあるため、頭の中では関心や気合も十分なのですが、いざとなると怖気づきます。基本的に「恋をしている自分に恋」となり、訪れるチャンスもものには出来ません。勉強に部活、バイト活動なども一応は頑張ってみるものの、気の散りやすい時期のため長続きは出来ません。もっぱら集中できるのは、友達との恋バナで妄想を膨らますことです。

大学生・専門学生
内なるパワーの行き場を求める
この時期から2種類のタイプに分かれていきます。「本当に打ち込めるものがほしい」と将来のキャリア形成を考えて、就職活動やゼミ活動などに積極的に参加し始めるタイプと、「愛し愛される愛のための人生を贈りたい」と恋愛に重き比重をおき、結婚をベースに着実な人生設計を求めるタイプとに分かれます。人生のテーマが定まると、バイトや趣味の活動は一切行わず、テーマに向け一点集中します。逆に言えば、色々模索中の際は、さまざまなものに手をだしすぎ、全てが中途半端となっています。

社会人
楽しいだけじゃ物足りない
希望を持って就職したものの、5-6年経過しある程度の業務がこなせるようになると、本当にこのままで良いのか?と「更なる自分探し」が気になり始めます。基本的には、居心地の良い環境で安定を求めますが、多少の冒険や挑戦に対し、向上心があることも否めません。転職や結婚などの人生の転機が訪れるのはこの時期と言えるでしょう。この転機はキャリアにしろ家庭生活にしろ、一定のものを築き、ある程度安心できる状態になると、再び訪れます。安定と、見直しを常に繰り返す蟹座の特徴といえるのではないでしょうか。

蟹座の血液型分析


占いによく利用されるものといえば、血液型と12星座。しかしながら、よく見るとキャラが正反対なんてことも・・・。一体どちらを信じれば良いの?と思っている人も多いのでは。血液型別に貴方の本質を見ていきましょう!

蟹座彼女の結婚相性度


出来れば1度はしたくて、何度もはしたくない結婚ですが、生涯を共にしていくパートナーとはどんな未来が待っているのでしょうか?結婚の相性について、徹底的に分析していきましょう。

蟹座の貴方はこんな人

コメントを残す