好かれる視線、嫌われる視線

好感を持たれる視線・嫌われる視線

人それぞれ顔が違うように、話し方も十人十色ですが、相手の目をしっかりと見てハキハキ話す人が好感度を持たれます。

視線が頻繁に合うのは、それだけ相手と話をしたい、仲良くなりたいというサインを出していることとなります。

人の気持ちを読むのがちょっと苦手という人は、話の内容ばかりに気を取られずに、相手の話し方にも気をつけてみると良いでしょう。話し方にはその人の性格や感情の起伏がよく現れています。